2008年1月6日日曜日

誰でもいいから皆殺し問題

 5日午後3時20分ごろ、東京都品川区平塚の戸越銀座商店街で、両手に包丁を持った男が通行人ら5人に次々に切り付けた。男女3人はけがはなかったが、30歳と42歳の女性会社員が、それぞれ左胸と背中を切られるなどして10日間の軽傷を負い、病院に運ばれた。110番で駆け付けた警視庁荏原署員が男を取り押さえ、殺人未遂の現行犯で逮捕した。
 調べによると、男は同区に住む私立高校2年の少年(16)。「誰でもいいから皆殺しにしたかった」と供述しており、同署が動機などを調べている。淡々と、落ち着いた様子で調べに応じているという。少年は、病院の精神科に通院していた。
 少年は黒いジャンパーに黒いジーパン姿で革靴を履いており、逮捕時には両手のほか、左の靴の中にも包丁を入れていた。包丁は3本とも全長約28センチの文化包丁だった。
 少年は商店街の中や踏切などで5人に切り付けた。けがをした2人のほか、女子高生(18)がジャージーの、派遣社員の女性(28)がコートのそれぞれ背中を切られたほか、男性(61)も服を切られた。
 目撃者によると、少年は「殺してやる」と叫び、商店街を200-300メートル走りながら包丁を振り回したという。

 
 
 かなり気持ち悪い事件だ。
 特筆すべきはこの部分。

>「誰でもいいから皆殺しにしたかった」

 ……やっぱり気持ち悪い。
 
 
 二つに分けると、
 
1. 誰でもいいから殺したかった
2. 皆殺しにしたかった

 2について、皆殺しにしたいっていうことは、ある集合(ここではたとえば、“人類”とか、“商店街の人間”など)の中に含まれるすべての要素を対象に、殺したいってことだよな。つまり∀a∈{X}なるaを殺したい。
 それに対して1は、誰でもいいから殺したい、ということで、集合の中に含まれるある要素について条件なく、ってことだから、∃a∈{X}なるaを殺したい、だよな。

 つまり∃a∈{X}、∀a∈{X}を同時に満たすaを殺したいということになるんだけど、これって成り立つ? 論理学よく覚えてないんだけど。
 かなり気持ち悪い事件だ。

0 件のコメント:

コメントを投稿