2008年4月5日土曜日

ただいまでございます

 入社して、今は寮で生活をしている。
 そこで、ちょっと、困っている。
 研修を終えて帰ってくる。ネクタイを緩めながら玄関の戸を開けると、すぐそこには管理人さんの部屋がある。管理人さんがいれば当然挨拶をする。
 この挨拶でなんと言えばいいのか、大変困っているのだ。
「おかえり」は多様性のある言葉だ。フランクに「おかえり」。少し行儀良く「おかえりなさい」。より丁寧にしたければ「おかえりなさいませ」。迎える側の挨拶は、そこから適切なものを選べばよい。
 だが「ただいま」は「ただいま」だけだ。「ただいまなさい」はないし、「ただいまなさいませ」もない。一般的な丁寧口調であるですますを付けて「ただいまです」「ただいまます」、前者はないこともないかもしれないがやはりおかしい。言い回しの幅がない。関係にぴったりとなかなか合わない。
 二回り以上歳の離れた相手へ向かって「ただいま」は馴れ馴れしすぎるよなあ、と思い、とりあえずは「こんばんは」としているのだが、"帰ってきた"という状況特性からいって適切な言い回しとは言い難く、口にしていて凄く違和感がある。正しく発声をするのが嫌になり、結局濁ったような挨拶で逃げるはめに。
 適切な言葉が使えないというのはストレスが溜まる。

7 件のコメント:

  1. ただいま帰りましたorただいま戻りました、はどうか。

    返信削除
  2. 書こうと思ったら既に↑で書かれていた……

    返信削除
  3. 書こうと思ったら既に↑↑で書かれていた……

    返信削除
  4. でも↑x3だとすごく堅苦しい感じしますね...

    帰宅を伝える言葉はバリエーションが少なく、迎える言葉には多いのは
    昔ながらの「家」のありかたとかが関わってそうですね

    返信削除
  5. ただいま帰りました派が大量発生なblogはここですか。

    「ただいま帰りました」は堅苦しいのもあるし、ちょっとセンテンスとして長いんだよなぁ。
    「おかえりなさい」と「ただいま帰りました」を互いに同時発声すると、確実に遅れをとるというか。こう、両方が同テンポで終わるのが理想じゃまいか。うむ。

    帰宅する側と迎える側の目上目下関係の差ですかね。バリエーションに違いがあるのは。
    帰宅する側の方が上的な。

    返信削除
  6. ただいまです!
    とか言ってみてはどうか。
    何でもです付けりゃいいってもんじゃねぇ!
    とか思うけどただいまで~す☆って使えば
    何となくかわいいと思うんだけど。
    ……ダメ?(´・ω・`)

    返信削除
  7. キャラ特性というものが。
    俺は可愛い系キャラじゃねぇんだよう。

    返信削除