2010年8月25日水曜日

きゃぴきゃぴ

 会社の先輩に「Varitraくんからは若さが感じられない」と言われる今日この頃。
自分では、僕はかなり若いというか、青いと思っているのだが。

僕「後学のために訊きたいんですが、先輩は、どんな風だと若さを感じるんですか?」
先輩「そうだね。きゃぴきゃぴしてると感じるね」

よくわからなかったので、実例が欲しく、僕より年下の後輩に、きゃぴきゃぴしてみて、と頼んでみた。
後輩はおろおろするばかりで、きゃぴきゃぴ感は感じられない。使えない奴だ。

先輩「あと、会話のときの返しに、間があるでしょ」

これはそうかもしれない。
女が多い家庭で育つと、基本的に聞き役に回るから、人の言葉を聞き終えてから返しがちだ。
相手の言葉の尾っぽにかぶせて話すような会話は慣れてない。

僕「もっと即返しをすれば、若さを感じさせられるんですね」
先輩「そうだねぇ。あと、テンションかな」
僕「テンションですか」
先輩「笑いをとろうとするときも、テンションで押し切ろうとしないよね」
僕「押し切ろうとしませんね」
先輩「言葉でとろうとするよね」
僕「言葉でとろうとしますね」
先輩「そこを勢いだけで押し切ると、若い感じがする」
僕「若い感じがしますか」
先輩「別に無理に即返しをしなくていいけど」
僕「輪唱になります」

ノータイムで意味のある言葉を返答するのは難しい。
若さを感じさせられる日まで頑張ろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿