2011年3月15日火曜日

香典とぼく

ちょっと持て余しているものがある。
会社から貰った香典だ。

去年の年末、祖母の葬儀があって九州まで帰った。
僕は皆がしめやかにしているとふざけたことを考えたくなる性癖があるので、
祖母の棺桶を葬儀屋さんたちが持ち上げて運んで――

いるところで葬儀屋さん足滑らせてずるべたーん!

棺桶ひゅーーんと宙を飛んでってどかーーーーん!!

ちょっと何しよっとね! と祖母ちゃん白装束姿で出てきて抗議!!!

……という一連のドリフ的な展開を想像して一人で楽しんでいた。


そんな大変に厳粛な葬儀だったわけだが、年明けてから会社から香典が支給された。5000円。喪主である僕の父向け。
これの取り扱いに困っていたのだ。



すぐに渡せれば問題なかった。葬儀のときに渡すのであればそれでいい。
でも貰ったのは年明けであり、別に郵送するようなもんでもないし、次に実家帰ったときに渡せばいいや~……とかなんとか思ったまま三ヶ月近く過ぎてしまった。

……なんというか、今頃渡すきっかけが掴めない。


結婚のご祝儀とかだったら、遅くなって渡すのでもなんの問題もないと思う。

「遅くなったけどはいこれ!」
「え、何?」
「二人の幸せを祈ってます!」
「ありがとう!これからも二人で頑張っていきます☆ミ」

自然だ。



では香典の場合はどうか。


「遅くなったけどはいこれ!」
「え、何?」
「故人の冥福を祈ってます!」
「ありがとう!これからは天国で頑張っていきます☆ミ」


……なんか、すごく変なことになってしまう気がする。



普通の日常に戻ってるところに、わざわざ忌事のものを持ち出すのもなぁと。でかい金額ならばともかく、5000円程度のことで。
かといって自分で使い込んでしまうには、やはりそこは香典だ。僕の存在しない良心がじくじくと痛んでならないし、ホラー漫画とかだったら即呪われて死ぬコースに入ってしまいそうだと思う。


結局どう取り扱っていいか持て余したまま、社長名の記された香典袋はずっと僕のレオパレスの机の隅で埃をかぶっていた。


しかし気付いた。



       |
   \  __  /
   _ (m) _ピコーン
      |ミ|
   /  .`´  \
     ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (・∀・∩< そこで募金じゃね?
    (つ  丿 \_________
    ⊂_ ノ
      (_)



募金してしまえば、わざわざ今更忌事の金を父に渡すこともない。
僕の良心も痛まない。
呪われることもないだろう。


そんなわけで。






募金してみました。



祖母も許してくれるだろう。うむ。

0 件のコメント:

コメントを投稿