2012年11月9日金曜日

みそじ


三十路である。

まさかの三十路である。

自分が三十路に足を踏み入れるとは思っていなかった。
今日は三十路なので仕方ないなと思い、「もう三十路なので帰ります」とメールを投げてやりかけの仕事をさぼって午後休をとって寝てた。きっと三十路じゃあしょうがないよな、三十路じゃあしょうがないよね、三十路じゃあ仕方ないさ! と思われていた。

街に出ると、三十路が歩いてるぞ、とか、しっ、三十路は見ちゃいけませんとか、見ろよ三十路だ石投げちゃえーとか後ろ指を指された。スーパーで惣菜を買おうとすると、「三十を過ぎた方にはお売りできないことになっております」と断られた。二十代の頃からずっと好きだった子に告白すると「切り捨てても三十とかないわー」と嘲笑われた。歩いていると道路際の側溝のそこかしこに打ち棄てられた三十路が転がっているのが見えた。二十代の頃は気付きもしなかった。

途方に暮れていると、ペンギンに声をかけられた。正確にはペンギンの着ぐるみを着込んだ女性で、三十路になると無装備で歩いているのは危ないので、ペンギンとして生活することにしたのだという。聞くと、高齢者にも若者にもなりきれない三十路は、社会からの激しい迫害により今やその個体数も死に絶えつつあるが、そんななかを生き延びた三十路がこうやってペンギンとして生活を営み、今の世への反乱を起こしつつあるというのだ。
「せっかくだから、Varitraさんもどうですか? もう三十路ですし、革命もいいものですよ」
そう言ってペンギンの頭部を外して恥ずかしそうに笑う彼女の表情に、僕はすっかり見惚れてしまったのだった。(続かない)

0 件のコメント:

コメントを投稿